• 手間いらずで酸化しにくいコーヒーカプセルについて

    コーヒーを自宅やオフィスで手軽に飲める時代ですが、最近はパックではなくカプセル式になっているコーヒーカプセルが注目されています。

    コーヒー豆は乾煎りされているので、長持ちするといわれることもあります。



    しかし、本当は野菜などと同じように新鮮さは日に日に落ちてゆきます。

    新鮮さが損なわれるのは、開封されてコーヒー豆が空気に触れた瞬間からです。

    特に瓶や袋は劣化の心配が高く、開封したばかりの時と最後の方では風味に差が現れます。


    コーヒーカプセルは1杯ずつ密封状態になっているので、新鮮さが損なわれることなく酸化しないのでおいしいコーヒーを淹れることができます。
    コーヒーカプセルでコーヒーを入れる場合は、コーヒーカプセルをセットできる場所があるコーヒーメーカーが必要になります。

    ジョルダンニュース!を知りたいならこちらです。

    近年のコーヒーメーカーは機能が優れている上に外観のデザインも良いので、インテリア感覚で選ぶのも良いと思います。



    お湯が入る容量や奥行幅などが異なるので、デザインだけでなく何が優れているのかや置く場所に合った大きさかどうかも大切なチェックポイントです。


    コーヒーメーカーにコーヒーカプセルをセットし、タッチパネルにあるボタンを押せばコーヒーができあがるので淹れる手間を省きたい人には向いています。簡単に質が落ちていないおいしいコーヒーを淹れることができるので、コーヒー好きな人や来客者にコーヒーを出すことがある人や会社にはカプセル型のコーヒーがオススメです。